最低限で必要なもの

"私は化学系の企業で技術者をしている。最近、化学工場の爆発事故などは減少したとは言え、私のような仕事をするものには他人事ではない。
交通事故や自然災害、さらには事件に巻き込まれたりと、この社会には数えれば限りないリスクが点在する。
もし、私に万一のことがあったら残された家族はどうなるんだろうか?
不安はある。一方で遺族年金などの公のサポートもある。聞くところによると十分とはいえないかもしれないが、贅沢をしなければ十分暮らしていけなくも無いとのこと。
では、保険は不要なのかと言われればどうか。
残された家族には余裕を持って暮らして欲しい。そう考えると保険は必須である。必要なのは、どの程度の規模の保険を選択するのかを考えるバランス感覚ではないかと思う。
以前、公のサポートのことをまったく知らずに、かなり大きい生命保険を契約していたが、当然掛け金も莫迦にならない。その結果、今の生活に負担がかかる。公のサポートを考慮に入れて、生活設計も考えたうえで保険をデザインすると、今の負担も最小限にして、将来的な安心も確保できる。
そんな観点で、安心を得るために保健は必要じゃないかと思う。"

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0