県民共済のがん保険に乗り替えました

初めて、がん保険に加入したのは、もう20年近く前になります。
アメリカンファミリーが日本で、がん保険を発売し始めた頃、当時、夫が勤務していた会社からの案内で、夫婦2人で加入しました。
当時の保険料は、1500円ほどだったと思います。
1ヶ月1500円なら、さほど負担にもならないし、がん保険は、将来、必ず必要と言われ、加入する事にしました。
その当時に加入したまま、何も見直しもせずにいました。
10年ほど前、実家の父が食道ガンになってしまい、入院と手術を受けました。
もともと、持病を持っていた父は、がん保険には加入していませんでした。
入院と手術で、130万円ほどの医療費がかかりましたが、実際には、高額療養費という制度があるので、自己負担は20万ほどですみました。
この経験から、がん保険って、本当に必要なのかという疑問を持ちました。
しかし、全く加入していない状態だと、いざという時、困るかもしれないと悩みました。
そして、昨年、アメリカンファミリーのがん保険を解約し、県民共済のがん保険に加入しました。
先進医療特約は付加されていませんが、診断一時金と入院・手術といったシンプルな内容で、保険料も1300円で値上がりもありません。
保険会社のがん保険は、様々な特約が多く、わかりづらい物が多いので、シンプルな物に替えて、よかったと思っています。

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0