どれくらいの資金から始めるべきか?

「株取引を始めたいけど、どれくらいの資金から始めるべきか…」という質問もよく耳にします。一般的に、株取引には「最低○○枚以上買ってくださいね」のような「単元数」が存在しているため、「この銘柄なら最低○○万円必要だな」とすぐに計算できるのですが、それでも、「一般的にはどれくらいの資金で…?」というのは気になる点だと思います。また、「株取引は大きな資金を用意できる人のための投資」というイメージもあるようですが、実は、少ない資金からでも始められるプランがたくさんありますので、ぜひここで勉強してください。

あくまでも私の個人的な意見なのですが、まったくの株初心者の場合、まずは「10万円程度」から始めてみてはいかがでしょうか?単元数の少ない銘柄や、銘柄の価格そのものが安い場合は、10万円でも十分に始めることが出来ると思いますよ。しかし、「ミニ株」や「プチ株」のような商品であれば、もっと少ない資金からでもOKであることが多いんですね。「1万円」からでもスタートさせることが出来ます。実際、ミニ株やプチ株を取り扱う証券会社の多くが「1万円」をスタートの目安としているのです。

また、「毎月の貯金感覚」で株取引を始めることも可能です。上記のミニ株やプチ株の場合、1万円からでも始められますので、「毎月1万円ずつ積み重ねる」という方法も人気なのです。この場合、変動によるリスクはありますが、銀行貯金よりも高い利回りが出るため、このような方法に注目が集まるのは間違いないでしょう。

@
あなたがやってみたいアルバイトは何ですか?

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0