ビギナーのための「株取引」とは?

皆さんは、投資に興味はありますか?日本人は昔から、欧米人と比較して「現金貯蓄」を好む傾向にあります。いわゆる「銀行貯金」ですね。しかしアメリカの場合、資産の半分程度は証券や債券で保有する傾向にあるんですよ。自分自身で資産を運用する習慣が根付いているためです。

ところが、そんな現金貯蓄が大好きな日本人も、投資に対する考えが変わってきており、今では多くの人が投資を始めようと計画しているのです。リーマンショック以降の「雇用不安」や、将来の「年金不安」を考えれば当然のことなのかもしれません。

そこで、まず勉強しておきたいのが「株取引」です。日本国内において「最も多く行われている投資」であり、最近では、大きな資金を用意できない個人投資家でも簡単に参入できますので、ぜひ株取引の仕組みについて勉強しておきましょう。

さて、「株取引の仕組み」ですが、何も難しく考える必要はありません。株式を購入した時よりも価格が上昇して売れば、その「差額」が「利益」として返ってくるのです。また、売らずに保有し続ければ、会社の業績次第では「配当」が受け取れますね。配当とは、「株を買ってくれてありがとう!」という、「課税対象になる謝礼」のようなもので、「銀行の利息」に近い感覚だと覚えておきましょう。

上記のように、「価格上昇に伴う差額」と「配当」が、株取引における利益になります。株取引の細かいテクニックなどはのちほど覚えるとして、まずはこの基本的な仕組みだけはしっかりと理解しておきましょう。

格安の単身引越し業者を比較してみました!

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0