最低取引の単位基準

FX会社のFX取引の単位については
一般的には10000通貨、もしくは1000通貨です。

最初は10000通貨とか言われてもピンとこないと思います。
単純に金額に直すと「為替レート×10000」です。

米ドルを例にあげると1ドル=100円の場合。

100円×10000=100万円

この100万円が取引の一単位と言う事です。


100万円も使わないといけないのか・・・と言うとそうではなく、
実際にはレバレッジがあるので、その数分の一です。

例えばレバレッジを100倍に設定するならば、
必要な証拠金は100万円÷100=1万円となります。
20倍ならば100万円÷20=5万円です。


多くのFX業者では1万通貨が取引単位ですが、
1000通貨単位を最低取引単位にしているFX業者もあり、
逆に10万通貨単位にする代わりに手数料条件が良いFX口座も
FX業者によっては設定しています。


少額での取引が魅力のFXではありますが、
この最低取引単位がある為に数万円ではかなりのハイレバで
取引せざるを得ない事になり、リスクも上がります。

いますぐ30万円以上のお金を借りたい方へhttp://kanekure.sakura.ne.jp/

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0