投資家の思考

投資家はいろんな指標をみて先のことを考えます。


というのも為替や株の格言に、


噂で買って現実で売るというものがあるからです。


こうなりそうという予想で買って現実で決済するのですが、
為替や株でもこのような動きを見ることができます。


発表された指数が良くても、自分が思っていたように上がらなくて
下がる場合があります。


これは指数が予想通りで、それまで上げてきたものを決済する売りから
起こることがあります。


予想よりも相当良いとサプライズということでそのまま値が上がることになります。
これは各為替通貨ペアでも起こり、雇用統計などの発表のあとに
激しい動きを見せます。


初心者は発表の時間帯は相場に関わらない方が安全でしょうね。


為替は先取りが基本です。
指標の発表時にはすでに予想のもとに価格が決まっていると考えて良いと
思います。だから、指標がよくても上がるとは限らないということを覚えておきましょう。

お金を借りるコツが書かれたhttp://encompassdenver.org/が参考になりました。

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0